意外と知られていないカードローンやキャッシングの借入と返済の方法

近年、消費者金融のキャッシングや、銀行系カードローンといった、現金融資サービスのテレビコマーシャルが、お茶の間を賑わすようになっています。

こうした現金融資サービスのコマーシャルの多くは、インターネットからの申し込みが可能であることや、使用用途が自由であることを、前面に押し出しています。

ただ、消費者として気になるのは、一体これらの現金融資サービスを契約したとして、どのようにして借入や返済をおこなうのか、ということではないでしょうか。

契約が簡単にできて、用途にほとんど制限がないことはわかっても、お金の借り方や返し方がわからなければ、実際に便利に使えるのかどうか、判断しにくいのです。

キャッシングや銀行系カードローンの借入と返済の方法は、大きく分けて、3つに分類できます。

このうちの二つは、ATMを使ったものになります。

消費者金融の店舗、もしくは自動契約機の置かれている施設には、必ずATMが設置されているので、その場で融資を受けたり、返済したりすることが可能です。

また、銀行系カードローンの場合は、銀行のATMで、同様のことがおこなえます。

次に、多くの消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンでは、コンビニのATMでも、借入と返済を行うことができるようになっています。

ただ、その金融機関によって、提携しているコンビニが違っているという点には、留意しておいた方が良いでしょう。

最後に、インターネットを使った、銀行口座への振込と返済も、近年のキャッシングやカードローンの機能として定着しつつあります。

こうした3つの方法を用意することで、日常生活に便利に使えるように、消費者金融のキャッシングと銀行系カードローンは進化しているのです。